高精度GNSSシステム

img_3503_r

これまで、一般的なGNSSは誤差が±2m以上と大きく、その技術を応用する範囲が限られていました。本システムは基準局と移動局それぞれが衛星からの位置情報を取得し、互いに通信することで補正するもので、RTKという技術を採用しており、その精度は誤差数cmと非常に高くなっております。

これまでのRTK対応GNSSは非常に高価であった為、一般に普及するものではありませんでしたが、本システムでは20万円以下で構築する事が可能で、ドローン・農機・建機などの幅広い産業分野での応用が期待されています。